« ■ツェッペリンとバエズ | トップページ | ■nanoにユーザーガイドは必須だと思う件 »

2012年1月17日 (火)

■ジョーン・バエズの楽曲「Diamonds And Rust」

いま年齢が五十歳くらいだと、ジョーン・バエズ(Joan Baez)の名前は知らないかも。日本にフォークブームが起こり、森山良子が“和製ジョーン・バエズ”といわれた時代もあった(ということは、当時はジョーン・バエズのほうが有名だったわけだ)。バエズは1967年に一度来日したことがあり、東京・広島・大阪でコンサートを行っている。コンサートの模様はTVで放映もされた。たぶん中学生だった私は、そのときのことをハッキリ覚えている。歌や演奏はそれほど記憶にないが、容姿がインド人っぽい印象だったのと、通訳が妙だったのである。ここのところは、ウィキペディアやヤマハの「音楽日めくり」などに記載がある。当時、週刊誌などでも報道され話題となった。
中学生の私でも妙だと思う訳だから、そりゃ話題にもなるだろう。おまけに、司会兼通訳の高崎一郎がCIAに脅かされていたと釈明したのだから……。ま、それが理由かどうかは知らないが、それ以後バエズは来日していない(と思う)。「雨を汚したのは誰?」をぜひ福島で歌って頂きたいと思うのだが。
さて、ジョーン・バエズの楽曲についてだ。彼女の曲と言えば、有名なのは「ドンナ・ドンナ」「朝日のあたる家」「風に吹かれて」そして、学生運動華やかなりし頃さかんに歌われた「勝利を我等に」といったところだろう。だが、私はこれらの歌はあまり聴かない。

Jb4cdcover私が好きなのは、ボブ・ディランのナンバーを歌った物だ。バエズは一時期ディランにくっついて歩いていて、出来るソバから自分のものにして、本人よりも先に歌っていたのではないかと思われる(単なる想像です)。YouTubeか何かの動画で、「この先、早く作りなさいよ」とディランに曲の続きを催促しているバエズを見たような気がしたけど、気のせいか(笑)。
彼女には、「Any Day Now」というディランの曲だけを歌ったアルバムもある。これが最高。どうも、私はディランとの関係がとても気になっているようで、……ラブラブだったのに、気付いたら振られていて、でも本人は“女王”だし気丈に振る舞っていて……、みたいなストーリーが頭にこびりついているらしい。そういう想定(笑)でいくと、これも大好きな「Sad-Eyed Lady of the Lowlands」(Any Day Nowに収録)なんかよく歌えるものだと思う。あるサイトによれば、これは「ディランの当時の妻サラに向けて書かれた曲」ということだから。こうしたバエズの歌を聴いて楽曲の良さを認識したディラン・ファンも沢山いるようだから、いまでもバエズはディランのプロモーションに一役買っているわけであるが(いまさら必要ないけど)。
ディランの曲以外では、最近の物も悪くはないけど、やはり中期?のヒット曲「Diamonds And Rust」が良いと思う。どっからどう考えても、バエズがディランのことを振り返って作った曲だ。ちょっと切ない感じなのだが、しばらく前から歌詞の内容が気になっていたので、これを機に翻訳に挑戦してみた(歌えるようにはなってません)。もちろん全部リアルではないだろうけど、バエズさん、ちょっとストレート過ぎませんかね。(いちばん参考にしたサイトはココです。感謝致します)。ちなみに、この歌の入った同名のアルバムでは、Larry Carltonがアレンジを担当しegも弾いている他、dsにJim Gordon、キーボードにTOTOのDavid Paichも一部参加している。
バエズは、この曲の「Ten years ago」のところを、「20 years ago」や「30 years ago」と変えて歌っているが、「50 years ago」になったらコワイかも(笑)。

ダイヤモンドと錆 (ジョーン・バエズ:作詞 近藤 龍太郎:訳)

亡霊になって出てくるのはやめてね
いつもとは言わないけど
満月の夜とあなたが突然電話してきたときだけ
私はここに座って受話器を握っているけど
聞き慣れた声を聞くと
すごく昔に真っ逆さまに落ちて行くよう

あなたは深く青い瞳で
私の詩はお粗末だと嗤った
どこから電話しているの?
中西部の電話ボックス?
十年前、私はカフスを贈ったわね
あなたも何かお返しをくれたっけ
思い出が何になるのか、二人わかったわね
思い出はダイヤモンドと錆になる

あなたはいきなり登場し
そしてすでに伝説
磨かれていない原石
生まれながらの放浪者
あなたは私の腕の中にいたのに
いまは行方不明ね
いつだって私はあなたのものだった
あなたを傷つけたりしなかったのに

落ち葉の中に立っている
あなたの髪には白い雪が
ワシントン広場に面した安ホテルの窓の外で
あなたは微笑んでいる
二人の息は混じり合い窓を曇らす
正直に言うわ
あの時あそこで、死んでも良かったのよ

君は思い出じゃないというけど
他の言い方はないの?
あなたは言葉が上手な人
だけどものごとは適当よね
だからいま誤魔化して欲しいのは
記憶がみんな蘇ってきたから
そう、本当に愛していたわ
ダイヤモンドも錆も全部差し出せと言われたとしても
もうすべて渡しているの

|

« ■ツェッペリンとバエズ | トップページ | ■nanoにユーザーガイドは必須だと思う件 »

その他の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580465/53758250

この記事へのトラックバック一覧です: ■ジョーン・バエズの楽曲「Diamonds And Rust」:

« ■ツェッペリンとバエズ | トップページ | ■nanoにユーザーガイドは必須だと思う件 »