« ■成毛眞を“超解釈” | トップページ | ■10■Siriはいまのところ4sだけで »

2012年3月30日 (金)

■MSまだ、無くなりませんよね?

前出の成毛氏の著書には、「マイクロソフトではMac制作チームはそれほど評判がいいわけでもなく、『好きにしたら』という感じだった」と書かれている(事実は知らないが、Macチームは“隔離されていただけ”という可能性もあると私は思う。そういう契約だったのではないか……)が、成毛氏はWindows 版とMac版の両方を使ったことがあるのだろうか? 私は、OutlookExpressの“5”あたりだったか、両方使っていたことがある。Mac版を使いはじめてすぐ、「おかしい」と思った。Mac版のほうが使いやすかったからである(笑)。たしか、EXCELなんかも、そんな印象があったような……(出先の会社で使っただけなので)。
ここに、MS社の問題があると私はかねてから睨んでいる。つまり、ソフトウェアの仕様を決めたり、出来上がったものをキチンと評価する人達のレベルがとても低いのである。勝手にしろといわれて作ったものの方が良いというのは、問題だろう。巷では、評判のよくないMSプログラマーだが、もっと問題なのがそういったデザイン(設計)を担当する人達だし、さらに言えば、方向性を決める上のほうの人達なのでは?
そういえば、最近のEXCELとかWORDの変化は、ちょっと問題ではないかと思う。新しさも演出しなくてはならないし、機能の追加も必要なんでしょうけど、あまりドラスティックに変えてしまうと、「互換ソフトでもいいや」という風潮を増長するかもしれない。だいいち、なにより既存のユーザーにとっては使いにくい。ま、そろそろ使う機会もなくなると思うので、どうでもいいけど(笑)。
PCプロダクトを最重要商品と考えてきたマイクロソフト、一方アップル社は「Apple computer inc.」を「Apple inc.」に改名してしまった。しかるべき技術力があったとしても、流れを見誤ると少し先には大変なことになりかねない業界だ。パソコンの出荷台数が大幅に落ち込んだらどうなるのか?
ここのところ、マイクロソフト発の気になるニュースに、まったくお目にかかっていない気がする。モバイル分野ではまったく不発。今年Windows 8発売? また、Appleのstore戦略の後追いですか? オンラインストアはアップルが始めたわけじゃないとか言うんでしょうか(笑)? 会社としては、まだしばらく無くならないと思っていたけど、思いのほか早いかも……。
ジョブズがマイクロソフトに、「OSの仇をソフトウェアで討とうと(仕返し)していた」という説があるらしい。何度か助けてもらったのに(笑)? 根に持つタイプだよねぇ(笑)。まぁ、アップル社はマイクロソフト社のR&D部門として長い間苦労してきたわけだから、そのくらい当然だと考えていたかもしれない。そうであるなら、たぶん布石はもう終わっているだろう。その石が効いてくると、さらに流れは加速するものと思われる。コレハミモノデスヨ!

|

« ■成毛眞を“超解釈” | トップページ | ■10■Siriはいまのところ4sだけで »

その他の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580465/54345367

この記事へのトラックバック一覧です: ■MSまだ、無くなりませんよね?:

« ■成毛眞を“超解釈” | トップページ | ■10■Siriはいまのところ4sだけで »