« ■MacProのビデオカード選び | トップページ | ■深夜のアップルストア »

2012年6月12日 (火)

■いまさら!Lionをダウンロード!

Lion_iconビデオカード問題を考えていると、やはりOSとしてLion「も」入れておかないとまずい気がしてきた。いずれ入れるつもりだったけど、すこし予定を早めてダウンロードを決行した。でも、まずそのまえに現行の10.6.8を別パーティションに複製しておこう。これが簡単にできるのがMacの良いところだ。これは、もともと入っている「ディスクユーティリティ」を使うとあっというまに実行できる。終わるにはコピーの時間がかかるが、操作は簡単だ。
考え方としては、オリジナルのドライブを「ソース」として、別なドライブを「復元先」するということだ。左ペインに表示されているドライブリストから直接ドラッグ&ドロップするという操作さえ知っていれば、誰でもできる。もちろん、復元先はすべて消去されるから空のディスクを選ぶ。私は2TBのディスクをパーティションを切って2ドライブにしているので、片側をデータ用、もう一方を10.6.8起動用(に今回複製)した。現在起動ディスクとしているドライブは、10.7.4にアップデートするからである。こうしておけば、いつでも両方の状態で起動できる。

AppStoreでLionをダインロードしたのだが、やはりまだ時間がかかる。そこで、ダウンロード終了記念として、インストール前にインストーラーをUSBディスクに保存しておくことにした。それから、USBメモリからも起動&インストールできるようにもしておいた。これで、これからは時間のかかるDVD起動ともサヨナラだ。バンザイ! ちょっと古くて使い勝手の悪い8GBのUSBメモリーが今回生贄となってしまったが。作成方法はあっちこっちに情報はあるけど、忘れないように書き残しておこう。なお、起動するだけのディスクなら、インストール後にいつでも作成できる。

<LionインストールUSBの作成>
私は、AppStoreからLionをダウンロードした直後に作成した。このとき、アプリケーションフォルダに「Mac OS X Lion インストール」が保存されている(インストール後は消去される)。バージョン10.7.4だと4.2GBくらいだろう。右クリックして「パッケージの内容を表示」させ(*)、「Contents]内の「SharedSupport」にある「InstallESD.dmg」をダブルクリックする。これは、ディスクイメージだから、デスクトップに「Mac OS X Install ESD」というディスクアイコンができる。
次に、USBディスクをフォーマットする。「ディスクユーティリティ」の左ペインでマウントしたUSBメモリを選択し、「消去」タブを選ぶ。
フォーマットで「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」を選ぶ。名前は適当に「Lion USB」などとしておく。「消去...」ボタンを押して確認。
左ペインで「Lion USB」を右クリックして「復元」を選択。「ソース:Mac OS X Install ESD」「復元先:Lion USB」をドラッグ&ドロップで設定。これでめでたく作成完了だ。(作成が終わると「Mac OS X Install ESD」という名称に変わってデスクトップにマウントされているので注意。「復元」では名前もオリジナルと同じになるからだ)
(*)このときメニューに「Mac OS X Lion インストール」のディスクを作成、というのが見つかるだろう。これを実行すればDVDディスクが作成されるようだ。ダウンロード販売というのはメーカーの手間やコストは省けるが、ユーザーはこうした手段で保存しておかないと、何かあった時に困るかもしれない(ネットに接続できなかったらダウンロードはできないのだから)

Osx_utyちなみに、このUSBメモリ(ドライブ)から起動すると、名称は「Mac OS X」となっており、画面は「Mac OS X ユーティリティ」というのが起動した状態になる、ここで、「ディスクユーティリティ」や「Mac OS Xの再インストール」などが可能になる。

<LionのOpenCL対応>
Mac OS X LionのWebサイトでこんな記述を発見(表記は省略してある)。対応グラフィックカード(GPU)の情報だ。iMacやMacBookProなんかのオンボードにもノッテいるので、すべてがMacProのビデオカード情報というわけではないが……。
NVIDIA GeForce320M/GT330M/9400M/ 9600MGT/8600MGT/GT120/GT130/ GTX285/8800GT/8800GS/Quadro FX 4800/FX5600
ATI Radeon HD 4670/4850/4870/ 5670/5750/5770/5870 /6750M/6770M/6970M

やはり、このうちのどれかにするのが快適ということなのか……、ドライバーは用意されていると考えていいんでしょうねぇ。それにしても、あまり新しい製品は入ってないのね。

|

« ■MacProのビデオカード選び | トップページ | ■深夜のアップルストア »

その他の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580465/54939259

この記事へのトラックバック一覧です: ■いまさら!Lionをダウンロード!:

« ■MacProのビデオカード選び | トップページ | ■深夜のアップルストア »