« カテゴリー6eの誘惑 | トップページ | MacProでTV視聴……ダメ元で? »

2012年7月 7日 (土)

祝!開通

Lancableこうしてコッチの建物までケーブルはやって来たわけだが、問題はどうやって1Fから2Fにケーブルを通すかということだ。第1案は、「家の中の壁を通す」だった。その後、外壁に設置されているエアコンダクトのパイプが部屋までつながっていることに気がついたので、これを第2案として、こちらを検討してきた。ところが、実際にワイアーを通してみると、家の外壁を貫通している部分が細く、しっかりシールされている。ダクトの中には排水用のドレンも通っているので、ここを通せば楽勝だが、水に濡らすわけにもいかないし……。ということで、止む無く第1案に戻ることになった。
ところがこちらも、スンナリとは行かなかった。ワイアーが通らないのだ。家の外壁は断熱材とかがしっかり入っているので難しいが、内壁なら楽勝だと、なんとなく甘く見ていた。しかしもし構造的に、完全に1Fと2Fが分断されていたらワイアーは通らないことになる。そんなはずはないと思うけど……。ということで、近くの照明器具を外して、天井から視察。結果、わりとがっちりした梁のようなものが邪魔していることがわかった。ここは迂回しなくてはならない。したがって、通線ワイアーのような堅めの線は使えない(あらかじめPF管のようなチューブが通っているところなら、これは大変有効なんですけどね。写真で黒い洗濯機の排水ホースのようなものが見えるが、これがPF管とかCD管とか呼ばれるもの。ちなみに、右の方のチューブは、建築時に1Fリビングと2FをつなぐためのLANケーブルを敷設したときのもの。残念ながら今回は使えない……むしろ邪魔) 
1Fと2Fを往復すること数十回。やっと1F→2Fが貫通して、仕事部屋まで有線で開通しました。本当はこの間に、iPhoneやiPad用に無線LANの親機を一個挟む予定だけど、とりあえずは接続を確認する必要もあるし。これで、MacProとホームゲートウェイが直結したことになる。ケーブルは総延長35mくらいになっているはず。
さすがに1000Mは無理だけど、KDDIの測定サーバーだと上り820M、下り700Mとなっている。BNRのスピードテストではコンスタントに上り95M下り85M程度は出ているので、不適切な比較だけどevoのWiMAX接続に比べれば、もちろん全然快適だ。Webサイトなんかは、蹴飛ばされるような感じでビュッと表示されて気持ちが良い。
こういうときのチェックは、やはりYouTube。……と思って行き当たりバッタリでJeff Beckのところの可愛い女性ベーシストTal Wilkenfeldの動画を幾つか見る。いいんだけど、芸術的ドラムのカリウタと似すぎていて、音楽的に少し合わない気がする。もっとはみ出したいならバッチリビートを刻んでくれるドラマーのほうがいいような。それから、Foo Fightersというバンド(笑)に、ジミー・ペイジとジョン・ポール・ジョーンズが参加した時のWembley StadiumでのLive。歌はうまくなかったけど呼び込むときに感動して涙目になっているところが可愛い。YouTubeはHDな動画が増えてきたが、どれもスムーズに再生するので、しばらくYouTube三昧。当たり前か、ヒカリですものね。お疲れ様でした。

|

« カテゴリー6eの誘惑 | トップページ | MacProでTV視聴……ダメ元で? »

その他の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580465/55136854

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!開通:

« カテゴリー6eの誘惑 | トップページ | MacProでTV視聴……ダメ元で? »