« ■19■ソフトバンク iPhone 5 デザリング決定! | トップページ | ■20■ iPhone 4sの裏蓋を外す »

2012年9月20日 (木)

■そうだ、中森明菜を聴こう!

ときどき天からの啓示のように何かをしたくなることがある。今回は「中森明菜を聴け!」だった(笑)。
表舞台に立つことがなくなった彼女だが、2009年にはNHKの音楽番組songsで見かけた気がする。徳永英明からのカバーブームにのって?カバーアルバムも出していたはずだ。これは、そこそこ好評で3枚発売されたと記憶しているが、まだ聴いていなかった。どうも、それが気になったのである。

ちなみに、どちらかといえば私は山口百恵派である。Wikipediaによれば、「スター誕生!」で歌ったのは、山口百恵の「夢先案内人」だったというから、当時、ライバル視していると思っていたのは思い過ごしで、本当は先輩としてリスペクトしていたのかもしれない。カバーアルバムの1作目「歌姫」(1994年)にも、山口百恵の「愛染橋」が、2作目には「秋桜」が入っている。
それはさておき、「歌姫」の収録リストを見ると、なんとカルメン・マキ&OZの「私は風」が入っている。しかもラストの曲である。う〜ん、これは期待できる……。カルメン・マキ&OZは大学時代に好きだったバンドだ。日本のロックバンドといえば、気合だけで音楽性が伴わないものが多くて、ほとんど聴いていなかったのだが、OZは別だった。中でも「私は風」は代表曲ともいえる大作。大学の学園祭にカルメン・マキ&OZがやってきたことがあったよなぁ……。
ところが、中森明菜の「私は風」はちょっと予想と違っていた。中森明菜といえば、ウィスパーボイスと強く張った声のギャップがイメージとして残っていて、この曲でも原曲のように途中からガーンと行くのかと期待していたのに、ずっと同じ調子でサラッとかわされてしまった。これだと、五輪真弓の「恋人よ」で良かったんじゃないの(笑……出だしの曲調がちょっと似てるんですね)?

それでフラストレーションが溜まったので、デビュー以来のいろいろなアルバムを聴いてみた。結論からいうと、「中森明菜はベスト盤を聴きなさい!」という感じ。つまり、ヒット曲のできが圧倒的に良いのである。一方、オリジナルのアルバムは、少々退屈だ。これは、私がもともとファンじゃないからかもしれない。山口百恵は、ヒット曲の入っていないアルバムも結構聞けるのに、この差はどこから生まれるのだろう? 作詞/作曲、編曲、伴奏などの周りを固めるべきスタッフが、少々劣るのかも。つまりは、プロデューサーの腕がイマイチということなのかな?
「私は風」に関して言うと、2005年とクレジットされた原曲と同アレンジバージョンもYouTubeで聴くことができる。いろいろ調査してみると、これは「Akina Nakamori Special Live 2005 Empress at CLUB eX」というライブツアーの模様を収録したDVDからの映像ではないかと思われる(DVDを見てないので推測ですけど)。ライブのセットリストでは1曲めだが、DVDでは、この曲は一番最後になっているらしい。やはり、最後がふさわしい曲なのか……。しかし、どう聴いてもこのアレンジのほうが良いんじゃない? 座ったままで歌っているので、イマイチ盛り上がらないし、このときは体調が万全でなかったようだけれど、もし万全だったらオリジナルと互角以上に戦えそうだと思わせるものがある。惜しい。
中森明菜といえば、2年連続で日本レコード大賞を受賞した歌手なのだから、条件が揃いさえすればもっとヒット曲も出せただろうに、残念なことである。本人は体調がスグレナイらしいが、なんだかもうじきリバイバルの波がやってきそうな予感がする。モノマネ歌手がブレークするとか、なのかなぁ。

ちなみに、カルメン・マキをリスペクトしている寺田恵子は、カルメン・マキの曲だけをカバーするアルバムの最後にこの曲を歌っている。SHOW-YAでは「私は嵐」というまったく別な曲を歌っているけど。さらに、デーモン閣下は、この両方をメドレーでカバーしている。アイデアは良いぞ(笑)。

|

« ■19■ソフトバンク iPhone 5 デザリング決定! | トップページ | ■20■ iPhone 4sの裏蓋を外す »

その他の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580465/55703932

この記事へのトラックバック一覧です: ■そうだ、中森明菜を聴こう!:

« ■19■ソフトバンク iPhone 5 デザリング決定! | トップページ | ■20■ iPhone 4sの裏蓋を外す »