« ■マイクロソフトはこれまで何人殺したか(笑)? | トップページ | ■35■au iPhone 回線の諸問題(auのバカ!) »

2013年6月 1日 (土)

■Windows 7の「更新準備ツール」

W7koshin_1

Windows 7のService Pack(SP1)の自動アップデートに問題があるのは確かなようだ。手動でアップデートしておこうと少し調べてみると、こういう場合に“あらかじめ実行しておく準備プログラム”があることがわかった。その名も「更新準備ツール」という。もちろん、マイクロソフトのサイトから無料でダウンロード出来る。アップデートに事前準備が必要なら、自動アップデートの前に自動でやってくれても良さそうなものだが、そういう配慮はないらしい。ちなみに、2003年5月に登録されたばかりだ。死人が沢山出た証拠だ(笑)。
ちなみに、この「更新準備ツール」の説明書きは意味不明(画像1)。

このツールは、Windowsサービスストアに不整合が見つかったために提供されています。この問題によって、今後の更新プログラム、Service Pack、およびソフトウェアを正常にインストールできなくなる可能性があります。

“この問題”というのは何を指しているのだろうか? “不整合”というのも変な言葉だ。東電が「事故」のことを「事象」と言い換えるのと同じセンスなんだろう。問題はサービスストアにあるのでしょうか? アップデーターが正常にアップデートできない場合があるなら、それはアップデーターの「不具合」である。「できそこない」といっても良い。もちろん、ある特定の条件のときにしか起こらないとしても、だ。アップデーターというのは、そういう役目を負っているものだからだ。この文章の問題は、「このソフトによって、コレコレの問題が解消されるので、こういう症状でお困りの方はどうかお使いください(申し訳ございません)」と書いてないことだ。説明書の最後が「正常にインストールできなくなる可能性があります」で終わっているのは、たいへんマズイ。「できなくなる可能性がある」というボカした書き方が意味をさらに不明なものにしている。

Updateinstall

このソフトをダウンロードして実行すると、ダイアログが現れて緑のプログレスバーがスルスルと伸び……、やがて途中で止まる(画像2)。ふつうなら、なにか問題が起きたと思うところだ。しかし、私の場合はWindows 7のインストールで学習しているから(笑)、「どうせまた死んだふりしているだけなんだろう」とほうって置いた。だいぶ時間がかかったが、気晴らしにWebサイトをいくつか巡っていたら終了していた。マイクロソフトの別な場所にある説明文には「進行状況バーが停止しているように見えても、スキャンは引き続き実行されているので、処理をキャンセルしないでください。」とある。なかなか笑える記述であると同時に、この程度の認識でソフトウェアを作っているのだと感心する。
そして、このダイアログのコメントもなかなかミステリアスだ。

①更新プログラムがインストールされています。
②インストールの状態「インストールの開始中…完了しました。」「Windows用修正プログラムをインストール中」
③インストール中:

①は、まるで他人事の書き方だ。「“すでに”インストールが終わっている」という意味にも解釈できる。「誰かがあなたのPCにインストールしちゃってますよ!」というカンジなのだが、インストールしているのはオマエだろう。「更新プログラムをインストールしています」と書くべきである。より正確には「更新準備ツール」だけどね。こういう部分の名称をイイカゲンに書くとユーザーは混乱すると思うので、正確に表記していただきたい。
「インストールの開始中」というのも妙な表現である。似た書き方に、他社でも使っている「インストールの完了中」というのがある。英文を直訳したのだろうが、「完了」というのは「完全に終わった」「すでに終わった」というニュアンスだから、ふつうに日本語が使える人なら使わない。「終了中」「もうすぐ終わります」で良いのである。間違いとまでは言えないけど違和感がある。(英語ではコンプリートなのだろう。「コンプリートする」はニュアンス的にアリな気もする)ここは「完了しました」なのでこの部分だけ取れば問題ない。
「開始中」というのはもう少し難しい。これだとまだ開始していない、開始の準備中ということなのか。しかもそれは「完了」したらしい(笑)。「開始中が完了した」というのは、日本人には通じない日本語表現である。挙句の果てに、インストール状態を表すプログレスバーは止まったままなのである。
これを見たら世界最大のソフトウェアメーカーの製造物とはとても思えない。新入社員に造らせているのか? 責任者はチェックしないのか?
この「更新準備ツール」がService Packのインストールまでやってくれるのなら、「開始中」は「更新準備ツール」の実行中という意味なのだろうが、そういうコトではないようだ。
念の為に申し上げておくと、このあとService Pack本体のインストールをしたら、数分(計測はしていないので体感だが10分以内だと思う)で終了した。再起動は1度だけだ。あまりに早いので、わざわざシステムの表示を確認したくらいである。あの早朝の事件は何だったのか……。

|

« ■マイクロソフトはこれまで何人殺したか(笑)? | トップページ | ■35■au iPhone 回線の諸問題(auのバカ!) »

その他の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580465/57499516

この記事へのトラックバック一覧です: ■Windows 7の「更新準備ツール」:

« ■マイクロソフトはこれまで何人殺したか(笑)? | トップページ | ■35■au iPhone 回線の諸問題(auのバカ!) »