« ■42■ちょっとアヤシイ? ソフトバンクのTVCF | トップページ | ■44■なぜ今SIMフリーiPhoneなのか? »

2013年12月31日 (火)

■2013年末のテレビ&レコーダー事情(東芝)

現在、私の使っている2つの部屋には、“ちゃんとした”テレビがない。少し前までは、東芝の37インチ液晶があったのだが、大きくて場所をとるので息子に譲ってしまった。それでもテレビを見たいことはあるので、仕事部屋には別荘用に購入したBuffaloのDVR-W1というHDD内臓のデジタルチューナー(2番組同時録画可能で意外に便利)を外して来て、Philipsの21.5インチの液晶(224E5QHSB/11)にHDMI接続&アームマウントとし、仕事用のディスプレイはマルチだったのを27インチ1台に縮小したので、その周りで好きな位置に配置している。サイズは小さ目だけどフルHDだし、サウンドはパソコンと切り替えでアンプ〜スピーカーに接続しているので十分なクォリティだ。寝室の方は、使わなくなったDellの24インチ液晶にフルーイ東芝のDVDレコーダーを接続して、小型デジタルアンプとスピーカーを接続している。どちらもクオリティは十分なのだけど、何と言っても液晶側がリモコン操作できない上、液晶、チューナー、アンプ、の3つの機材をon/offしなければならないのでメンドウである。操作性はかぎりなく悪い。
そこで、やっぱり最新のテレビを買ってみたらどうなのかと調べてみた。
まず、安価なUSB接続のHDDに録画できるのはいまや常識だが(私のテレビはLAN接続のHDDを使っていた)、上位機種では録画した番組をブルーレイレコーダーにダビングできるようになった。以前から同じメーカーならテレビ側の操作でレコーダーへの録画予約ができたのだが、一歩前進していたのである。
それから、2番組とか3番組を同時録画できる機種が増えてきた。これで、あっちこっちのテレビやレコーダーに分散して録画予約をする必要がなくなる。そして、多チャンネルを自動録画する「タイムシフト」機能である。予約しなくてもあらかじめ決めたチャンネルと時間帯をすべて録画してくれる。録画可能な時間(日数)を過ぎれば古いものから消されるのは言うまでもない。しかし、それまでなら過去に遡って番組の視聴が可能なのだ。これは便利?不要?
使ってみなければわからないけど、録画の予約は忘れることが多いし、見ていても途中で寝ちゃうことも多くなったし(笑)、資料として残したい番組の放送を後から知ることも少なくない。欲を言えばきりがないのだけど、あれば便利には違いない。ただ、現在のところタイムシフト録画分は直接ブルーレイなどにダビングできないので、一度通常録画用のHDDに入れる必要があるらしい。これが唯一の弱点か。
別件で、スカパーを試聴する必要が生じたため、安価なチューナー(マスプロCDT700HD)を購入。ところが、これにも録画用にUSBのHDDが直接接続できるほか、対応機器ならLAN接続したブルーレイレコーダーなどに予約録画も可能であることを発見。手持ちのDBR-Z310に接続して動作を確認した。こんなにお手軽に番組の録画ができる時代になったんですね。でも、1対1でLAN接続するこの設定は手動で設定しないと繋がらないようで「難易度高し」ですがね。やはりデジタル化のおかげなんでしょうね。

|

« ■42■ちょっとアヤシイ? ソフトバンクのTVCF | トップページ | ■44■なぜ今SIMフリーiPhoneなのか? »

その他の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580465/58851168

この記事へのトラックバック一覧です: ■2013年末のテレビ&レコーダー事情(東芝):

« ■42■ちょっとアヤシイ? ソフトバンクのTVCF | トップページ | ■44■なぜ今SIMフリーiPhoneなのか? »