« ■51■iPadでも電話が受けられたら | トップページ | ■早起き、運動、Apple Watch »

2015年4月 1日 (水)

■「リベラルアーツって何?」がやっと解決した件

スティーブ・ジョブズがプレゼンなどで「テクノロジーとリベラルアーツの交差点」とやってから、このフレーズはアップル製品の特徴を表す言葉として有名になった。これに関しては、私もすでに2度<「iPadにとって美とは何か?」(11)リベラルアーツの意味、(14)リベラルアーツの意味(その2)>で考察を試みるも、「リベラルアーツ」の解釈に手を焼き、「やっぱ、教養ってことでいーんじゃない」といった未消化な結論で終わっていた。

日本の大学で、「一般教養」というと、専門分野に進むための基礎学問と考えられているのではないだろうか? しかし、山田順(ジャーナリスト)は、「欧米の学問体系は大きく2つに分かれている。ひとつは「アート(art)」で、もうひとつは「サイエンス(science)」である。ー中略ー アートは「人間がつくったもの」のことを指し、ー中略ー サイエンスは何かというと、「神がつくった世界=自然(ネイチャー)」を研究する科目だ。」という。そして、「リベラルアーツは、一言で言うと、こうした欧米の学問体系の「基礎」「入口」である(『本物のリベラルアーツを日本人は知らない』東洋経済ONLINE)という。なるほど。

山田順は、西洋の少し昔の時代に合わせて解説しているが、私の言葉で言い換えるなら、アートはヒトが創るものについて学び、サイエンスは自然界の法則について学ぶものだった、ということになるだろうか。これも言葉の意味としては良く理解できるのだが、なんだか、イマイチ合点がいかないというか…。

Darwinroom2

そんなとき、下北沢にある好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」というお店に行くことになったのである。ここは、久米宏と壇蜜が出演する「久米書店」という番組で収録場所に使われているので、ご存知の方もあるだろう。私も数回、壇蜜に釣られて見たことがあった。なんだか、不思議な博物学的空間なのである。そしてここのWebサイトの「理念」というところを読んで驚いた。(http://www.darwinroom.com/ 以下サイトより抜粋)

「科学的な知識や技術・教育の専門化が進めば進むほど、その専門の境界を越えて動くことのできる、自由で柔軟な精神としての「教養」が必要だと考えます。「教養」とは英語で「リベラル・アーツ = liberal arts」といいます。学ぶことが、ある実用的な目的とか、それを勉強すると有利になるとかではなく、自分自身がもっと知りたい、もっと深く考えたいという欲求に忠実に学び、その学ぶという行為を通じて自分自身を自由にしていく力、知らずに成り行き的に決められる状況から自分自身を解放していく力、それがリベラル・アーツです。……(後略)」

ん~これこれ。そうなんですよ。これですべて解決。ジョブズは「交差点」と呼んだが、日本人には「縦糸と横糸」という表現のほうがわかりやすいのではないだろうか。機会があったら、サイトの全文をチェックしていただきたい。物体としてのモノをつくる力はテクノロジーから生まれるのだが、それが人間が使うものである以上「何のために?」「どんなものを?」「どんな使用感で?」……といったことを考える必要があるし、そのためには人間力が必要であり、そのための学問が「リベラルアーツ」ということなのだ。ここはまさに日本のモノヅクリに欠落した部分である。素材や技術は生み出せるのだが、それを何にどう使ったらいいのか提示できないのだ。せっかく技術開発しながら、美味しい部分は持って行かれてしまう……。

それにしても、このDARWIN ROOM「教養の再生(LIBERAL ARTS LAB)を理念に、選りすぐりの古書と動物剥製などの標本や、研究生活に便利な道具の販売と、専門家を招いたリベラルアーツ・カフェ」というコンセプトがスゴクナイデスカ? 下北沢にお越しの際はぜひお立ち寄りください(コマーシャル?)。

|

« ■51■iPadでも電話が受けられたら | トップページ | ■早起き、運動、Apple Watch »

今はまだジョブズが創った未来」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580465/61369350

この記事へのトラックバック一覧です: ■「リベラルアーツって何?」がやっと解決した件:

« ■51■iPadでも電話が受けられたら | トップページ | ■早起き、運動、Apple Watch »