話しておきたい電子書籍

2012年11月18日 (日)

■iPad miniにkindleアプリを入れる

Ep_0

明け方の4時近くで、なかなか良い時刻だったのだが、風呂上りなのに眠気がやって来ないので、iPad miniにkindleアプリを入れてみることにした。mini発売前には、7インチ前後の電子書籍リーダーとしてkindleを買おうと思っていたのだけど、今はもうこれ以上は買う気がおこらない(笑)。それで、iPad用のアプリをダウンロードしようという訳である。

アプリはすぐに見つかったし、ダウンロードも難なく終了した。アプリを起動すれば、嫌でもアマゾンから書籍をダウンロードするように、ワイワイ言ってくるに違いないと思っていた。ところが、アプリを起動すると、そこはカラッポで、おまけの書籍も入っていない。見た目もジミなのだが、機能的にもちょっと寂し

い感じだ。第一、どこから書籍をダウンロードするんだい?

しかたなく、Webで「Amazon kindle」と検索してみる。

すると、「Kindleストア」というのがあることが分かった。これは、Amazonの中のカテゴリーであるらしかった。ただ、このカテゴリーに降りていっても、検索窓に書籍名や著者名を入力しないと、電子書籍は現れないし、うっかりすると紙の本が検索されることもあるから(電子書籍に該当がない場合など)、注意が必要だ。アプリ側でAmazonで使っているアカウント情報(メールアドレスとパスワード)を入力するので、これがそのまま使用される。Amazonで購入するのだから当たり前だが、改めてクレジットカード情報などは求められないのは良いと思う。

取り敢えず、低価格な書籍をいくつかダウンロードして、読んでみようと思っている。

手始めに、無料の青空文庫もの(他のリーダーと比較のため)とランキング上位にはいっている「Kindle自費出版ガイド」を読んでみた。後者は15ページ程度で、100円は少し高いのではないかと感じた。内容もWordは使わないと言っておきながら、機能の説明ではWordの名称を使うなど、テクニカル・ライターとしては少々文句をつけたくなる。もし、最初に内容が閲覧できたら、購入しただろうか? 紙の本のように立ち読みはできないのだし、ページ数もわかりやすい場所に明記されていない状態で購入するというのは、今後問題になるかもしれない。もっとも、リフロー型の電子書籍は、何ページと書くことが難しいわけだが、基準を設ければ良いだけの話ではないか? 紙の本なら、国際的に「本文が最低でも49ページ以上」という定義があるわけだから、本書のようなミニコンテンツは、別分類をつくるべきだろう。

まだ、いろいろ問題はありそうだ。

※よく見ると小さな文字で「紙の本の長さ:18ページ」「ページ数:A4 15ページ」などと、3箇所に書かれているんですけどね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

■kobo Touchを買う

Kobo_01_2楽天が7月に発売した電子書籍リーダー「kobo Touch」を購入した。iPadの重さを知るモノにとっては確かに軽いし、E inkの画面は液晶のように光らないので長時間読み続けても疲れは少ないように思われる。

koboを購入したのは、最近とくに母のためにネット検索などで情報を調べることが多くなり、プリントして渡していたのだが、PDF保存してファイルで渡すようにした方が何かと便利なのではないかと思いついたのと、たまたま一冊分の書籍をPDFで読まなければならない用事が母にできたために、koboで見られれば都合がよいのではないかと思ったからである。
値段が安かったので、あまり深く考えずに購入したのだが、実際に表示させてみると、PDFのようなレイアウト固定のファイルを閲覧するには、6インチのkoboは少々つらい。オリジナルが新書判だというなら問題ないだろうが、B5近いサイズの書籍のデータだと、拡大しないと読めないからである。ページ移動、拡大、表示範囲移動、を繰り返すことになる。それがまたkoboの場合、超スローな反応でまったりしたスピードだから、操作のほうが先に行ってしまう。高齢とはいえ母のCPUのほうがスピードが速いのである(笑)。
だから、オリジナルのサイズが小さなPDFか、リフロー型の書籍データなら読者にあわせて文字サイズを変更すればよいので読みやすいだろう。青空文庫の作品をいくつかダウンロードしてみたが、こういうのは問題ないと思う。片手でホールドして読んでもそれほど疲れない。この種のパネルは、アウトドアの明るいところでも読めるので(というか明るいところでないと読めない)、外出時に持ち歩くのに良いと思う。
しかし前述したように、原寸でページ全体を表示できないから、四六判以上のサイズの書籍を自炊したものなんかを、この6インチのパネルで見るのは、あまりおすすめできないということになる。これから類推すると、教科書のような割合大きなページを想定した作りのデータも、つらいのではないか。ジョブズがこだわったiPadのあのサイズにも、いろいろ意味はあるのだと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)